初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

インターンに行ったら内々定取り消された

タイトルの通りです。

 

~経緯~

7月ぐらいに就活を終えて1社内々定頂きました。

ただその会社で働いている自分が見えなくて就活を続けようか、それとも内々定先に行こうか悩んだ末に、何かの縁だし内々定頂いた会社に行くかと考えました。

ただ念のためその会社に面談のお願いをしました。

 

そうしたら向こうから「社長が『インターンに来なよ』って言ってるから、もしよければ日程調整させて」と連絡がきて、せっかくの機会だし行くかと思いインターンに行くことにしました。

 

インターンの内容~

ということでインターンに行ってきました。3日の短期インターンです。内容は課題があって、それを3日間で調査し、最終日に社長に報告という流れです。

 

会社がコンサル系だったので課題は

「海外のお客様のサービスが日本で売れるか売れないか見極める」

というものでした。

投げやりという訳じゃなくてきちんと手順を教えてくださって非常に進めやすかったです。3日間配当されたPCを使って調査して、資料を作りました。

 

んで最終日に報告をし、フィードバックを頂きました。頂いたフィードバックとして

 

・全体像をとらえられてない

・ビジネスモデルをとらえられてないから競合相手を間違えてる

・というのも細かいことでいいから適宜連絡を取って欲しかった

 

ざっくり反省点だけ言うとこんなかんじ、他にも「このアイデアいいね」とかきちんと褒めてもらいました。

 

インターン後~

そんなに苦痛じゃないし案外行けるなぁ(6時間しか勤務しなかったのもあるかもしれませんが)とか考えたので内々定承諾の連絡しようとか思いつつも先延ばしにしてました。

 

ところがある日会社側から電話がかかってきて

 

会社「インターンで見てて、君うちで働くの向いてなさそうなのと、まちがえて人を多くとりすぎちゃったから内々定取り消させてもらうかもしれないんだけど率直な意見を聞かせて欲しい」

 

(え?率直な意見って何・・・?意味が分からん!とか悔しいです!言えばいいの?)

俺「え・・・あぁ・・・ショックです・・・」

 

会社「ですよね、正式に決まったら連絡します。」

 

と言われ電話は終わりました、電話切ってから頭がフリーズしてました。

 

 

 

んでその二週間後、メールで正式に

 

ご連絡が遅くなり大変申し訳ございませんでした。
本日までをもって内定辞退の連絡がなく、現状新卒入社の枠に空きがない状況となりました。
誠に申し訳ございません。(要約)

 

と遠回しに「内々定取り消しね、イカよろしく~」と連絡が来ました。

ということでインターンに行ったことにより無事内々定を取り消される運びになりました。

 

これは会社が悪いという訳ではなく、内々定承諾をしてとっとと内定に切り替えなかった僕に非があります。

 

 

 

~何がいけなかったのか~

念のため何がいけなかったのか聞いたところ、超丁寧な文で返ってきました。要約すると

 

・バンバンものを言う性格が向いてない、コミュニケーションに難がある

・会社の規模が小さいので新人を育成するときにそのような性格を直すことにリソースが割けない

 

の二点・・・

 

 

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

あぁ、心当たりしかない・・・。 

ということで僕の就活は再開するのでした。ともあれフィードバックを貰えたのはつよいです。

 

個人的にはこの一件はショックよりも入る前に向いていないということが分かっただけでも十分収穫だし、なんならブログのネタが増えるわラッキーと考えてるのでそんなに落ち込んでないです。

 

とはいえ周りが内定が決まってる中で続ける就活、とてもきつい。

 

 

~後日談~

僕のつぶやきを見た同期が「内定取り消し直結型インターン、申し訳ないけど面白い」とつぶやいてて爆笑しました。