初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

試験に落ちて良かったと言える未来にするために

こんにちは、今日は編入試験の発表日でした。

 

この時期になると「俺はどうすりゃいいんだ」「もう生きていけない」というつぶやきを大量に観測します。

とはいえいくら自暴自棄になろうが明日は来ます、年月は経っていきます。落ち込むだけ落ち込んだら次のステップに行きましょう。

 

これまでの同時期に書いた記事

 

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

目次

・落ちるのはショック

・今の自分に何ができるか考える

編入試験以外の道があることを知る

・どうしても諦めきれないなら大学院試かもう一回挑戦する

 

・落ちるのはショック

いくつ年を取っても落ちるのはショックです、落ち込まないで次行こうとなるのはとても難しいです。これだけは年月が解決してくれるのを待つしかありません。僕も助けになれるよう記事を書いてます。

 

 

・今の自分に何ができるか考える

ただ残念ながら落ち込んでても何も変わりません。翌日何も変わらない朝が来ます。日はまた昇ります。僕たちは考えて行動することしかできません。改めて考えてください、

 

~の研究がしたい!→今いる大学でできませんか?

 ~について学びたい!→今いる大学でできませんか? 

いいところの就職したい!→いいところって考えたことありますか? 就職した先の事って考えたことありますか。

 

そんなの無理だというのは簡単です、今は行動するしかありません。

思っていたことと実際にやってみることはかなりギャップがあります。当初思い描いていたものが本当にあっているかどうか実際に確かめてください。

 

編入試験以外の道があることを知る

 上で書きましたが、編入試験に落ちたら終わりではありません。別ルートもあります。迂回しているうちに「自分にはこっちの方が向いているかも・・・」となるかもしれません。それだけはやってみないと分からないのでやってください。

時間は有限です、落ち込むだけ落ち込んだら別ルートを探し、そっちの道へ行きましょう。

 

僕も大学受験で入る予定だった研究室とは専攻も違う研究室にいますが、後悔してないしむしろ楽しんでます。

 

 

・どうしても諦めきれないなら大学院試かもう一回挑戦する

 それらをすべて考えたうえで「自分にはこの大学しかない」というのであれば再度編入試験、もしくは大学院試で入りなおすことをお勧めします。ただ何度も言ってますが別のルートはあることは忘れないでください。