初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

大学受験に落ちた人がやるべき6つのこと

後期入試の結果が出てきて大学受験のシーズンが終わりに近づきつつあります。っていうか今週末4月ってマジですか・・・。

 

ということで皆さんご入学おめでとうございます。きっとこの記事を見ているということは編入を考えているのでしょうか、まだ焦らないでください。入る前から編入を考えていると楽しいものもつまらなくなってしまいますので。

 

ってことでそんな人たちへの課題というかこんなことすればもっといい大学生活送れるんじゃない?という記事を書きます。

 

 

 

1.まずは入学前には大学のいいところを3個見つける

3個で構いません、HPでも見ながら想像の範囲で構いません。入る前から「この大学嫌いだ」というのは簡単ですが、まずは自分の居場所を好きになる努力をしましょう。

 

キャンパスが広そう、学食がおいしそう、この教授すごそう

 

こんなので構いません。

 

 

2.入学してからいいところを10個見つける

ようこそ大学へ!これから充実した四年間になることでしょう!

実際に通ってみなきゃわからないことっていっぱいありますよね、本当に学食はおいしいのか、その教授はすごいのか自分の目で確かめてください。

てことで実際に通ってみると見えなかったものが見えてきます。ってことで数を増やしましょう。頑張って10個!きちんと自分の目で確かめたもので!

 

学食のこのメニューがおいしかった

学食はおいしくなかったけど通学路にあるラーメン屋さんがうまい

いい先生がいる

図書館が綺麗

 

こんなので構いません。

 

3.サークルに入る

これは任意ですがサークルに入っておくと友人ができます。先輩から高い参考書を譲り受ける可能性もあります、楽単を教えてもらえるかもしれません。

そしてその友人、先輩も同じ境遇なのかもしれません。入っておいて損はないと思います。ただ覚えてもらいたいのは「他人は他人、自分は自分」です、悪い方向に引っ張られないようにしてください。余談ですが学内サークルに混ざってサークルを語った宗教団体とかもあるので気を付けてください。

 

関係ないですが僕も編入した後、前の大学の部活の友人と飯食べに行ったりしました。

 

4.魅力的な人を3人以上見つける

ここまでくると案外悪いところばっかりでないことに気づくと思います。

次は魅力的な人を見つけましょう!大学の先生、同期、先輩、誰でも構いません。

3人以上見つけてください。

 

5.大学のいいところ、魅力的な人から自分のなりたい人を考える

ここから頭をフル回転で行きましょう!

なぜそこがいいと思ったのか、魅力的な人はどんなところが魅力なのか、考えましょう。なんなら本人に聞きに行きましょう。

聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥です。

 

6.希望の大学でしたかったことを今の大学でやる

学歴コンプ解消した後にしたかったことってありませんか?研究?インターン?バイト?何でも構いません。

ここまでくれば何となく自分がどんなもの、どんな人に魅力を感じるのか、どんなものをよいと感じるのか価値観が分かってくると思います。

こんなことをすれば魅力的な人間になれるんじゃないのかな?とか今できることをしましょう。

研究がしたかったらその研究分野の教員に頼んでみましょう。「~の研究をしたいんですけど今からできますか?」とかで構いません。アポイントのメールを忘れずに!きっと受け入れてくれるはずです。

 

7.6がどうしても実現できそうになかったら

ここまで来てしまったらたまたま運が悪かっただけなので編入するなり転科試験を受けてください。きっといい影響を及ぼすものになると思います。

 

8.最後に

大学って不思議なもので何も考えてないと4年間すぐ過ぎます。「こうしておけばよかったぁ」ということがないようにいい大学生活を送ってください。