初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

数学の勉強法

数学です、理系なら使う人は多いです。僕の編入試験の範囲は微積分、線形代数です。微分方程式複素解析などは入ってません。ですがなるべくいろいろな範囲があっても適用できるような勉強法なのでご安心してください。余談ですが大学院も同じ参考書、勉強法で入っております。

 

 

目次

・使っていた参考書

・ぼくがやった勉強法

 

 

 

・使っていた参考書

参考書のところで一度書いたのですがリライトもかねてもう一度書きます。

 

参考書は大学で配られたものを使い、問題集は自分で購入しました。

 

微分積分学

選んだ理由:大学で配られたから

それ以外ないです。amazonだともう中古しかないみたいですね・・・。良くも悪くも大学の教科書って感じです。必要最低限のことをしっかり書かれてます。微分積分のことに関してはこの参考書を使いました。今いる大学で配られたものを使っても大丈夫です。

 

基礎 線形代数

選んだ理由:大学で配られたから

本当それ以外ないんですって・・・何冊も買ってお金無駄にするよりかは、もともとあるやつをしっかりやったほうが経済的にもいいかなと考えて、参考書に関してはこの2つで済ませました。著者もこの一冊で知識が全部入るように作っているはずですし。こちらも同じく良くも悪くも大学の教科書って感じです。今いる大学で配られたものを使っても大丈夫です。

 

 

次に問題集

問題集は買いました。

大学編入試験問題 数学/徹底演習

選んだ理由:本屋にあった唯一の数学の編入の問題集だったから

amazonとか見てると山ほどあるじゃないですか、参考書。結局どれ選んでいいかわからなくて、大学の近くにある本屋さんに行ってみたらこれが置いてあって、構成も

公式(というか定理)→例題→問題(数回ループ)→章末問題

と高校の時使っていた問題集に似ていたのでこれにしました。ただ僕が使っていた第三版では答えが違うところがありましたので気を付けてください。ただ解答もそれなりに詳しかったです。問題の範囲も複素解析微分方程式なども入ってます。

院試でもこの参考書、問題集を使いましたが無事合格しましたので、院試でも通用すると思います。

 

ざっと書きましたがこれを使わないと落ちる!受かる!というわけではないので自分が気に入ったものを使ってみてください。

 

 

・ぼくがやった勉強法

合う合わないあるので鵜呑みにする必要はないです。

 

 

まず3つのスパンで考えてください、まず試験までの数か月で何をするか(大きいスパン)、そのためには1か月で何をすればよいか(中くらいのスパン)、そのためには1週間で何をすればよいか(小さいスパン)の3つです。

んでこのスパンは背伸びせず、半分ぐらいの力でできるものを設定してください。全力を出すからこれぐらい行けるっしょっと計画を立てたら絶対失敗します(経験者は語る)。

例として

大スパン:試験前までに参考書を3周する(一周目は全部解き、2、3周目は間違えたところだけ)

中スパン:1ヶ月で1分野終わらせる

小スパン:一週間で10ページ進める

 

もちろん、計画がうまくいかなかったら途中で変更しても大丈夫です。重要なのは挫折しないことです。挫折してしまっては元も子もありません。

 

 

 

これではなくてもいいのですが細い付箋がお勧めです、分からない問題にピンポイントに付箋が張れるのでお勧めです。分からない問題にバンバン貼るのですが

 

赤:教授に絶対聞く、解答見てもさっぱり不明な問題(教授に聞いたら黄に変更)

緑:解答見たら分かった問題

青:ケアレスミスで間違えた問題

 

 このような感じで色分けして間違えた問題をチェックして二週目にその問題だけ解くというやり方を取りました。

 

分からない問題ですが、大学の教授を捕まえて聞いてました。ただいきなり行くと向こうもびっくりするのであらかじめ連絡を取っておくのがいいと思います。

 

 ざっとこんなかんじです。教授は質問は絶対答えてくれる(ではないとアカハラで追放される)ので勇気を出して聞きに行ってください。