初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

逆求人イベントに初参加した

筑波大に行って良かった点として企業の人が筑波に出向いてイベントを開催したりしてくれるっていうのがあります、後からイベントの関係者に聞いた話なんですけど筑波大は一部の企業には人気らしいとかなんだとか、僕としては交通費がかからなくて済むのでとても助かってます。


んで先日逆求人イベントというものに参加してきたのでちょっとしたレポを書きます。編入を志望している人はこんなのがあるんだぐらいに思って下さい。

 


目次

・そもそも逆求人って?
・どうして参加しようと思ったのか
・流れ
・内容
・収穫

 

・そもそも逆求人って?

大雑把にいうと普通の求人は企業が学生に「うちのところおいでよ」という場所で

逆求人は学生が企業に「こんな人物だから採用してよ」という場所です。実際に採用につながったって話はあまり聞かないけどES選考はパスしていきなり面接になったという話は聞いたことがあります。

 

 

・どうして参加しようと思ったのか

ある日たまたま一緒に遊んだ友人に「こんなイベントがあるのよ~」と紹介を貰ったので家にいるのも不健康だし外に出ようかなと思ったのがきっかけです、ってのと自分の研究、活動がどのように外部の人に評価されるのか気になったので参加しました。

 

・流れ

タームというのがあってタームごとに企業の人が入れ替わって、そのタームで企業の方にアピールするなり話をしてくださいという流れです。多い人は7社とか指名が来てたけどだいたい4社ぐらいは指名が来てました。僕も4社です。空き時間はスライドの修正するなり好きにしてくださいと言われたので僕はネタ作りでこの記事を作りました。(案の定ウケてた)

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

 


・内容

他の優秀な編入生とかは「自分はこんなインターンに出ました、開発しました」って言っていたのですが、自分はインターン全滅したし、プログラミングできないので困ったどうしようということで

 

*自己紹介(趣味とか経歴とか)

*学生時代頑張った事(編入)

*今頑張っていること(編入のミスマッチをなくす活動、研究)

*将来したいこと(この世からミスマッチをなくしたい)

*企業への質問(他の企業には絶対負けないことは何? 等)

 

の5本立てで攻めることにしました。構成が編入の志望理由書に似てますね。

 

~1社目~

ベンチャーが合体して1つの企業になりました、そこに大企業がデータやら渡してますよという企業。企業の成り立ちはすごい面白かったです。

この企業はとくに自分のことには触れなくて僕の企業への質問に答えていく感じで企業の説明をしに来ましたというところでした。

 

~2社目~

1社目と2社目の間で時間が結構あったのでこの間にブログの執筆。

ベンチャーだけどトップクラスの収益出してるよすごいよね?って企業でした。

内容にはきちんと食らいついてくれてて「何が面白いと感じる?」とか「学生時代苦労したことって何よ?」というような感じで自分のことを掘り下げてくれてそれについて意見をくれるところでした。きちんとうちはこういうことをしていますよという紹介もいただきました。とても良い印象でした。

 

~3社目~

ここもベンチャーっぽいところでした。エンジニアが活躍できる環境は整ってるよ、技術力は負けない。という感じ。

ここは自分の内容にとにかく突っ込んでくれててよいフィードバックを貰えました。君の編入のミスマッチをなくす活動いいね!ここから何か見つけられるといいね!とか今視野が狭いからもっとほかの企業を見てみましょう!というアドバイスを頂きました。名を聞いたことがない企業だったのにこの日最高の好印象。

 

~4社目~

ここの企業の人とは就活イベントで一度会ったことがあってお互い「あ・・・」みたいな。向こうも「さあ今解き明かされるつゆき君の真実!」と言いながら席に座ってたしこれまでとは違う雰囲気でした。ここは自分の話を聞いてくれて企業の話を多めという感じでした。

話した人が何が問題なのか見抜く能力は絶対負けねぇ、技術の持ち腐れというのが良くなくって、エンジニアの能力を生かすのが俺たちの仕事と言ってて「かっこいい・・・」となっていました。

僕が今ES出そうとしている企業出身だったのですが「あ~、そこいいじゃん」と言ってて、トラブルを起こして辞めたという訳ではないらしくて安心しました。

 

 

・収穫

質問に「社会貢献は何ですか?」というものを入れたのですがどの企業も「この企業が収益出すことそのものが社会貢献である」と言ってて企業がやっていることはもっと見るべきだなぁと思いました。

 編入に関してですが「編入で来た」「編入に関することをしている」と言いましたがどの企業にも好印象でした。ものは話し方次第かもしれませんが「編入だからずるだと思われる!」ということはないので安心してください。

ちょっと残念だったのがあまり研究について言及してくれなかったことです(1社だけこの研究先輩が同じことしていたと言って下さったぐらい)、大学院って研究するところだと考えていたのでその質問がバンバン飛んでくるものかと思ったのでショックを受けました。

終わった後イベントの主催者さんに焼肉をおごってもらいました。ごちそうさまでした。これが一番の収穫かもしれない。

あと今髪が金色やら銀色やら銅色やらいろんな色が混ざっているんですけど特に指摘は受けませんでした。

 

こんな感じで僕は参加してよかったと思っているので、もし逆求人イベントに参加してみたいということがあればぜひ参加してみてください。