初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

大学選びで気を付けてほしい現実的なこと

1週間に一個は記事を書いていきたい。

 

こんにちは、今日はセンター試験らしいですね、5年前僕はスピンスピンしてました。今思うのは、点数が悪かったら「努力が足りない」とか「遊びすぎたんだろ」って先生とか両親に言われると思いますが、受験に向けての勉強含めて向き不向きがあると思うのでダメだったら「自分は向いてないから別のことを頑張ります。」ぐらい開き直った方がいいです。

 

ってことで大学受験であれ編入試験であれそろそろ志望校を絞ることになると思いますが大学を2つまたいだ人間として何かアドバイスができないことはないかと思ってこの記事を書きます。

 

・ちゃんと通えるお金があるか

いつも「どうして大学に通うのか?」とか「大学の使い方」という記事を書くので今日はもっと現実的なお話をします。

結構な割合の方が両親に学費を払ってもらったり(もしくは一部負担してもらったり)されていると思います。あらかじめどこまで(学費の一部なのか、もしくは下宿代も全部なのか)負担してもらえるのか相談しましょう、もちろん負担してもらえるほどの理由は作っておけるとベターです。(僕はこれを準備しないで前の大学の下宿代を払ってもらえず宅通になり苦労しました。)

それと奨学金(個人的に学資ローンと呼びたいのですが・・・)を借りるのであれば将来の自分に負担を回すほどの価値はあるのかもう一度考えてみてください、多くの社会人の方が奨学金の返済で苦労しています。

 

・通学時間はどのくらい?

意外と見落としがちなのがここ、もちろん少ないに越したことはないです。余談ですが通勤時間が増えると給料が減額されたことと同じ効果があるという研究成果があります。

とりあえずこの大学頭よさそうだからここでいいや~って選ばないでください。

個人的な意見ですが片道2時間かかるとかなりしんどいです。今は自転車で20分もかからないのでハッピー。

それと電車通学なら路線が使用者が多いのかあらかじめ調べてください。特に中央線、山手線などの都内の路線の朝の通勤ラッシュは乗る人に人権はありません。なるべく避けた方がいいです。具体的に書くと

 

・「出口に立っていると乗り降りする人の邪魔になる」ということを理解してない人が平気で出口付近にいる。

・人が多いので荷物のようにぐいぐい押し込め缶詰め状態

・遅延するとただでさえ人が多くてイライラしているのに余計イライラする

・遅延したら電車に乗れなくなるぐらいに人が乗り込んでくる

・人が多いのでたまに頭がおかしい人に遭遇する

 

やばいこれ以上続けると不満のはけ口になっちゃう。時間帯をずらせばそれなりに座れるのですが入学したての頃は授業も一限に入ってくることが多いので避けられない事実だと思います。通学時間がたくさんかかっても通う価値がこの大学にあるというのであれば是非とも通ってほしいです。

 

では高校生の方はセンター試験お疲れさまでした、編入の方は試験勉強頑張ってください。