初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

編入の勉強の始め方

こんばんは、夜遅くに更新します。

 

みなさんは後期が始まった頃でしょうか、僕の大学はまだです。遅いです。

 

後期が始まって大学に通ってどう思いましたか?

 

「この大学意外といいところは多いしこのままでいいか~」

「面倒だし編入しなくていいか~」

「やっぱり前期と同じで大学を変えたい気持ちは変わらない!」

 

おそらく後の2つかと思います、ということで今日は編入試験始めたいけどどこから始めれば良いかということを考えます。

 

 

目次

・この勉強法の目標

・まず最初に始めること

・その次は受ける大学の選定

・最後に学科の勉強

 

・この勉強法の目的

 

まずこの勉強法の目的ですが

-試験に落ちた時のカバー

を第一に考えます。受かること第一ではありません、試験は運要素もありますし「この勉強法してたら絶対受かる!」なんて保証はありませんので「試験に落ちない」よりも「予想外なことが起きても大丈夫なように勉強をする」ことを念頭に入れて考えます。

 

・まず最初に始めること

以前から編入試験の大変さは言っていると思うので割愛します。気になる方はこちらへ


rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

ということで以前から言ってますが最初に取り掛かることは「志望理由書」です、なぜかといいますと

 

・後から「やっぱり目指す道は編入じゃなかった!」となった時に、これまでやった勉強時間を無駄にしないため

・モチベーションアップにつながるため

・時間が割とかかる

・落ちたとしても別のルートを見つけるのに目標が決まっているので手段を時間があまりかからない

 

この3点が理由です、時間がなくてもとにかくここは抜かさないでください。

 書き方が分からないよという方はこちらへ

 

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

 

・その次は受ける大学の選定

ということで志望理由ができたらそれに合った大学、研究室を探しましょう。

大事なのは

「この大学に入りたい」

ではなくて

「この大学でこういう研究をして将来こういうことに貢献したい」

という着眼点で探してください。手段を目的にしてはいけません。編入試験はあくまで手段にしかすぎません。

 

・最後に筆記試験の勉強

ということで最後にその大学の学科に入るための手段として学科の勉強を始めてください、その時に過去問があれば取り寄せてください。それを見て「これ受からんわ、絶対無理」と思わなければ募集要項を見て必要な科目の勉強を始めましょう。受けるからには後悔しないよう勉強してください。

優先度としては志望理由書>>英語>ほかの科目

がおすすめです。

 

ちなみに使っていた参考書はこちらです。

 

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

こんな感じで過去記事を引用しつつ書いてみました、今日はなるべく簡潔に書くことを意識しましたがどうでしょうか。

ではまた。