読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての理系編入

編入に関することをメインに書いてます。

大学受験に失敗し編入試験を志す方へ

こんばんは、最近追いコンとか打ち上げとかSplatoon2の試射会やらなんやらで更新できませんでした。

 

それはそうとこの間無事筑波大を卒業しました。二年間あっという間でとても楽しかったです。これからもこの活動は続けてく予定です。

 

さて、最近国立大の後期試験の結果発表があり、うまくいかなかったので編入試験でリベンジを目指す、なんて方もいらっしゃると思います。ツイッターでもそういった方がフォローしてくれるようになりました。今日はその人たちに向けたアドバイスというか、僕が言いたいことをまとめます。

 

目次

  1. なんかの縁ですし、大学生楽しんでください
  2. 編入試験はギャンブル
  3. まずは大学で自分が何をすべきか考える
  4. 人生思い通りにいかないけど意外と何とかなる

 

・なんかの縁ですし、大学生楽しんでください

やっぱり第一志望でない大学に入るとあまりうれしくないし、嫌な気持ちになっていると思います。僕も同じ境遇にいたのでその気持ちわかります。

ですが、その大学を第一希望にして落ちた人もいると思います。だからその人の分も楽しめとは言いませんが、決して嫌になる気持ちになる必要はないと思います。

だからまずはせっかくの縁ですし楽しんでください。最初から嫌な気持ちで入ると楽しい大学生活がつまらないものになってしまいます。

どの大学にも必ず素晴らしい教授、研究室があります。素晴らしい人に会ったら価値観が変わると思います。

 

・編入試験はギャンブル

編入試験の勉強する時間で何ができるでしょうか、バイトもできます、友達と遊べます、インターンに行って社会勉強もできます。大学生でしかできないことっていっぱいあると思います。その大学生活でしかできない時間を犠牲にしてやるほどの価値が編入にはありますか。

しかも編入試験は成功する可能性は非常に低いです。編入生の中で大学から来る人はごく少数、しかも同じ編入を受ける人は5年間専門的な勉強をしてきた高専生ばかりです。しかも僕たちは大学の勉強も両立させないといけない。本当に自分に太刀打ちできる能力がつけられるでしょうかでしょうか?試験を受ける!と考える前にじっくり考えてみてください。

 

・まずは大学で何をすべきか考える

大学に入るならこれを考えてください。ただなんとなく「嫌だ~」と考えながら惰性で通い続けると4年間で時間も学費も無駄になります。

 

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

こちらもぜひ読んでください。「社会に出たときに必要とされる人材になるよう、自分の価値を上げること」を意識してみるといいかもしれません。

 

・人生思い通りにいかないけど意外と何とかなる

今までの人生振り返ってみて、一部だけ切り取ると本当に暗黒に満ちたようなものもあれば、幸せだったときとかいろいろあります。おそらく今は暗黒に満ちていると思いますがこれで人生は終わりではないですよね、まだまだ続くと思います。だったら今ここで幸せになるには何ができるか考えてください。

 

こんな感じです、これを読んでもう一度編入を考え直していただけると嬉しいです。