読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めての理系編入

編入に関することをメインに書いてます。

最初に

このブログはとある私立大から国立大へ編入した学生が書いてます。予備校の講師ではありません。ただの学生です。

なのでそりゃ違うだろということもあったり、思い違いもあると思います。

以下、今大学生で編入試験を間近に備えているというは見ない方がいいかもしれません。

それ以外の方は下にスクロールしていってください。

では書きます。というか高専の人にはあまり関係ないので読まなくてもいいです。

編入試験ははっきり言ってギャンブルです。

受かれば天国、落ちればそれまでの努力は無駄にはなりませんが、ほぼ価値がなくなってしまいます。

僕は編入試験の勉強に7か月かけ、その間大学のサークル、部活はすべて辞めました。

7か月あれば短期留学、自分の好きなこと、バイト、勉強、いくらでも時間がさけます。

ただ大学に落ちたから編入試験を受ける、今いる大学が嫌になったから編入試験を受けるといった理由で受けるのでしたら一旦考え直してください。

7か月もしくはそれ以上の期間かけてやるべきことは他にはないでしょうか?

~ここからは理系の方がメインのお話~

編入試験は高専と呼ばれる学校の人が受けるのが主流です。編入試験では全国でもトップクラスに頭がいい人たちが受けに来ます。その人たちは(例外もありますが)5年間かけて自分の専門の勉強をしています。そしてその専門が試験科目に直結してます。

一方大学生はどうでしょうか?編入試験とは関係ない勉強をこなさなければなりません。大学の勉強をこなしながら編入の勉強をこなす。そして編入試験では5年間専門に勉強してきた人たちを相手にしなければなりません。

例年大学からの編入者はいます。ですが出身校一覧を見る限り毎年数人いるかいないか程度です。ほとんど高専生が占めてます。

上に書いたとおり大学からの編入はかなり狭き門です。それでも俺は編入試験受けて別の大学に行きたいっていう強い意志があるなら是非とも受けてほしいです。

最後に相談に乗ってほしいという方は僕のツイッターアカウント教えますのでそちらまで

@Tsuquba

で検索

またこの記事ちょくちょく書き直すかもしれません。