初めての理系編入

編入のミスマッチをなくすをテーマにブログを書いてます。関係ないことも書きます。

大学生活

研究室の選び方 ~2回研究室を変えた人間より~

そろそろ情報科学類に3編した方々は研究室選びでしょうか、ってことで今日は研究室の選び方を書きます。 編入前で研究室見学したいけどどうやればいいか分からない・・・という人も参考にできるように書きました。悔いのない研究室選びができることを祈って…

インターンに行ったら内々定取り消された

タイトルの通りです。 ~経緯~ 7月ぐらいに就活を終えて1社内々定頂きました。 ただその会社で働いている自分が見えなくて就活を続けようか、それとも内々定先に行こうか悩んだ末に、何かの縁だし内々定頂いた会社に行くかと考えました。 ただ念のためその…

馬術部に入ってたお話

編入前の大学で馬術部に入っていました、馬術部ってあまり知られてない(大学でも何それ?状態)し、最近馬のアニメもあるので今回はその話について書きます。 Twitter,ブログのアイコンも馬術部だったときのものです。 目次 ・入ったきっかけ ・地獄の始ま…

家族が崩壊した話

内容を3行で ・不便な場所に家を建てたせいで家族が崩壊した ・崩壊した代わりに手元に大金が入った、有意義なお金の使い方って何 ・住むなら借家にした方がいい気がする こんにちは、突然ですが実家で大喧嘩が勃発して両親が離婚一歩手前になってしまいま…

「筑波大生向け」研究室を変えた話を詳しく

筑波大の友人に研究室を変えたということが知られているので「どうやったら研究室変えられるの?」とよく聞かれるのとそろそろ研究室に所属して月日がたって研究室行きたくなくてしょうがない人とかいるのかもしれないのでまとめます。 これは情報科学類での…

就活で考えてたこと ~まずは6時間勤務を実現するという夢について~

内容を3行で ・就活中 ・就活のシステム破壊したいと思ってたけど今文句言っても何も変わらない ・いろいろ考える中で労働時間を削ることのが僕の夢になった そろそろ就活の面接で将来の目標とか聞かれる時期になってきたので面接で聞かれたらこの記事思い出…

逆求人イベントに初参加した

筑波大に行って良かった点として企業の人が筑波に出向いてイベントを開催したりしてくれるっていうのがあります、後からイベントの関係者に聞いた話なんですけど筑波大は一部の企業には人気らしいとかなんだとか、僕としては交通費がかからなくて済むのでと…

23回目の誕生日を迎えたのでここ一年の振り返りと今年の抱負を考える

気分が乗ってきているのでどんどん更新していきます。 今日は僕の誕生日です。めでたい。なんと23歳です。素数です。 ・22歳で何をしたのか振り返る そういや今まで過去は気にしない主義でいたんですけど、それだと一向に学習しない気がしてなるべく振り返ろ…

インターン落ちた会社の社長さんに呼ばれたからお邪魔した

タイトルの通りです。 ~至った経緯~ 8月末に論文の締め切りがあってちょうどきりもいいしインターン応募するか~と言って5社ぐらい応募したんですけど全滅で(うち2社はいまだに返答なし、気持ちが楽になるので返答下さい) そもそも全社リモート希望で出…

筑波大の宿舎に住んだ感想

お久しぶりです、最近論文書いてたりしててちょっと更新できませんでした。 時期的に筑波大に入学が決まった方はちょうど宿舎に入るか否か悩んでいるところでしょうか、せっかくなので今日は宿舎に住んでいた時のお話をします。 目次 ・刑務所よりひどいとか…

情報科に入ってプログラミングに挫折した話

お久しぶりです。 前に男子中学生がなりたいランキング一位に「ITエンジニア・プログラマー」がランクインして一昔にあった「SE,プログラマーはブラック」みたいなイメージがだいぶ払しょくされているのかなぁという印象を受けました。 のですけど僕みたいに…

単位変換について

こんにちは、今日も更新します。 そういえば単位変換よく聞かれているのに詳しく書いてなかったなぁと気づき、書こうと思います。 目次 単位変換とは? どれくらい変換されるか 経験談 目次つけてみました。いろいろ試行錯誤中。 1.単位変換とは? ざっくり…

下宿vs自宅通学

こんばんは、研究がつかれたのでブログを書きたいと思います。 編入試験終わったし、住む場所も考えなくちゃな~という方もいらっしゃると思います。中でも 「大学まで遠いんだけど自宅から通えなくはない距離に実家があって一人暮らししようか非常に悩む。…

編入体験記 ~研究室変えました。~

こんにちは、普段は編入の事を書いているんですけど、今日は大学生活で割と大きな変化があったので報告します。 タイトルから察せられるように研究室のことです。 結論から言うと研究室を変えました。はい、タイトルのまんまです。 至った経緯を話すと 研究…