初めての理系編入

編入に関することをメインに書いてます。

使っていた編入の参考書

こんにちは、使っていた参考書を教えてください。とよく連絡が来るのでせっかくだしレビューも付け加えてまとめたいと思います。

 

僕が試験で使った科目は数学と物理と英語(TOEIC)の3つ、試験科目で何か被るものがあればぜひ使ってみてください。

 

数学

数学です、理系なら使う人は多いと思います。僕の編入試験の範囲は微積分、線形代数です。微分方程式複素解析などは入ってません。

参考書は大学で配られたものを使ってました。

 

微分積分学

選んだ理由:大学で配られたから

それ以外ないです。amazonだともう中古しかないみたいですね・・・。良くも悪くも大学の教科書って感じです。必要最低限のことをしっかり書かれてます。微分積分のことに関してはこの参考書を使いました。

 

基礎 線形代数

選んだ理由:大学で配られたから

本当それ以外ないんですって・・・何冊も買ってお金無駄にするよりかは、もともとあるやつをしっかりやったほうが経済的にもいいかなと思って参考書に関してはこの2つで済ませました。著者もこの一冊で知識が全部入るように作っているはずですし。こちらも同じく良くも悪くも大学の教科書って感じです。

 

 

次に問題集

問題集は買いました。

大学編入試験問題 数学/徹底演習

選んだ理由:本屋にあった唯一の数学の編入の問題集だったから

amazonとか見てると山ほどあるじゃないですか、参考書。結局どれ選んでいいかわからなくて、大学の近くにある本屋さんに行ってみたらこれが置いてあって、構成も

公式(というか定理)→例題→問題(数回ループ)→章末問題

と高校の時使っていた問題集に似ていたのでこれにしました。ただ僕が使っていた第三版では答えが違うところがありましたので気を付けてください。ただ解答もそれなりに詳しかったです。問題の範囲も複素解析微分方程式なども入ってます。

院試でもこの参考書、問題集を使いましたが無事合格しましたので、院試でも通用すると思います。

 

英語(TOEIC

 

英語です、僕は編入の時はスコア555、院試時は515のへっぽこな成績だったので果たして偉そうに書いていいのか微妙ですが書きます。ここで書くのは昔の傾向の時に使用していたものなので今の新傾向については対応しているかどうか分かりません。院試の時に使いましたが結果の通りです・・・。

 

1駅1題  新TOEIC TEST文法特急

選んだ理由:シンプルな構成、電車の中でも出来そうだったから

この参考書は友人に勧められて買いました。本の小さかったのと1ページ1題とシンプルな構成だったので通学に片道2時間かけていた人間としては非常に使いやすかったのも選んだポイントです。

 

 

1駅1題 新TOEIC TEST読解特急

選んだ理由:電車の中で出来そうだったから

読解に関してはこれ。上の参考書と一緒に買いました。同じくサイズが小さかったので買いました。

小さかったら書き込むスペースなくない?と思われる方もいますが、実際のTOEICは書き込みはNGです。なので書き込まないで解く練習も必要だと思います。

 

 

くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

選んだ理由:中学レベルの知識がない高校生が結構いるという話を聞いて。

高校の時に買った9割受かる勉強法という本に、高校生は中学の知識が抜けている人が結構いるということを読んだのがきっかけです。僕もそうかもしれないなぁと思ってもう一度やり直すことにしました。(案の定間違っている問題が多かったです・・・)

こんなことを以前つぶやいたので貼ります。

 

 

一応先ほどの本のリンクも貼ります。

9割受かる勉強法

選んだ理由:高校時代に成績が上がらなくて困り、現状を打開したかった。

結局打開できず、大学受験は失敗しました(笑)、けど編入で受かったのでこの本は間違っていなかったともあっていたとも言えないです。

 

リスニングに関しては電子辞書の中に入ってるTOEICのトレーニングみたいなものを使用しました。

 

選んだ理由:使っていた辞書が壊れ、タッチパネル搭載のものが欲しかったから

余談ですが当時カラーでタッチパネル搭載ってだけで「うわぁ、最先端・・・」ってなるような時代でした。そんな理由です。

 

物理

大学の物理って結構数学に近いところがあります(微分方程式使ったり、積分使ったり、∞がでてきたり)。というので高校の物理とは結構違うので高校の参考書は多少は役に立ちますがすべて網羅することはできませんので大学用の参考書が必要だと思います。

まずは参考書

基礎物理学

選んだ理由:大学で配られたから

またか。はい、またです。難点として大きく、とても重たいのですが、図や写真が多く、情報量がとても多いです。今でも家庭教師のバイトをするときにこの参考書を使ったりしてます。中学生相手に。

 

 次に問題集です。

 選んだ理由:1ページ1題で完結していたため

 多ページにわたって問題や解説が載っているとちょっとうっとおしいじゃないですか、ですがこの問題集はほとんどの問題が1ページに例題、例題の解説、問題(類題)と収まっているので非常に見やすいです。amazonで数ページ読めるので実際に見ていただくとわかります。

 

買ったけど使わなかった問題集

大学1・2年生のためのすぐわかる演習物理

選んだ理由:図がでかかった

買ったはいいのですが、さっき述べたやつが良かったのでこっちは一切解きませんでした。

 

 

その他Q&A

過去のaskに来た質問も含めて解答します。一応リライトもかねて。

 

Q.一日どれぐらいやればいいですか?

A.一日というか3つのスパンで考えてください、まず試験までの数か月で何をするか(大きいスパン)、そのためには1か月で何をすればよいか(中くらいのスパン)、そのためには1週間で何をすればよいか(小さいスパン)の3つです。んでこのスパンは背伸びせず、半分ぐらいの力でできるものを設定してください。全力を出すからこれぐらい行けるっしょっと計画を立てたら絶対失敗します(経験者は語る)。

もちろん、計画がうまくいかなかったら途中で変更しても大丈夫です。重要なのは挫折しないことです。挫折してしまっては元も子もありません。

僕は試験前までに問題集を2週、(一週目は全部解き、2週目は間違えたところだけ)、でもTOEICのほうが試験日は早いから英語優先気味でやりました。

あとできれば志望理由書も早めに取り掛かるとモチベーションアップにつながりますのでおすすめです。

 

Q.もう少しで試験な訳ですけど思うように点が伸びないストレッスで禿げそう

A.後悔しないよう勉強するしかありません・・・ただ、僕も試験一週間前になってから問題が分かるようになりましたので最後まで何が起こるか分からないです。

 

Q.分からない問題はどうした?

A.大学の教授を捕まえて聞いてました。ただいきなり行くと向こうもびっくりするのであらかじめ連絡を取っておくのがいいと思います。僕は3人ほど捕まえました(笑)

 

Q.英語の和訳についてはどのように取り組んだ?

A.TOEICに限った話ですけど辞書で単語の意味調べてました。それだけです。わかんない単語があったら調べる。すぐ調べる。あとはそれっぽく並び替えて文章和訳の完成です。あとは分からない単語をまとめたメモ帳とか作るといいのではないでしょうか。

 

Q.過去問ってどこから入手できるの?解答はどうしてた?

A.大学によって異なります、HPに載せているもの、大学まで来ないと見せてくれないところいろいろあります。なので直接大学に聞いてみてください。

解答はなかったので自分で作りました、どうしても分からなければ教授に聞きました。あと過去問は一か月前から解きました。

 

以上です。質問、要望がある方はツイッター、askまで。ちょくちょくこの記事は書き直していく予定です。さて、試験勉強に戻りましょう!

 

 

 

 

 

編入がすべてではない

こんばんは、卒論がひと段落ついたので久しぶりに記事を書きます。

 

ツイッターで「自分、編入試験に向いていない、というか勉強に向いてないかも・・・」、というつぶやきをよく見かけます。

 そんな考えを持っている方に是非とも聞いてほしいです。

 

編入がすべてではないです!

 

諦めなかったおかげで今の自分があるから諦めないでください!という成功談よく見かけますけど、その人以外にたくさんの人が敗北、もしくは失敗している訳です。 結局その中でみんなより成績が良かっただけなのではないでしょうか。

 

成績が良かったとはいってももちろん努力で勝ち取る人もいますけど、死ぬほど努力しても落ちる人もいれば、ちょこっと勉強したら受かった人も中にはいます、僕の知り合いにもいました。

そう考えると試験って試験科目の学ぶ要領とかが他の人より良い人が受かるものではないでしょうか。

学ぶ要領が悪いと終わりでしょうか、社会人になって試験に必要だった知識って使いますか?一部の職業を除けば使わないはずです。

英語も今は翻訳技術がすさまじい勢いで進化を遂げています、僕たちが社会人になったときには本当に必要な知識になるとは分かりません。

そう考えると要領が悪いから終わりだとは思いません。

向いてなかったから諦めましたでも僕は全然いいと思います。

諦めるというとどうしてもネガティブなイメージがありますが、あきらめるということは別の道へ変えましたと同じ意味ではないでしょうか、そう考えると決して悪いことではないと思います。

でもすぐ諦めると「うわぁ、もうちょいがんばっておけばよかった~」と後悔するのでまずは目の前のことに一生懸命取り組んでみてください、それでも「やっぱ別の道に行く」となるのであれば、最初は後悔もするでしょうが「あれだけ頑張って向いてなかったなら別に向いていることがあるよねぇ」と開き直れるはずです。

 

 実は僕もつい最近まで「あきらめなければなんでも叶う」と考えていた人間でしたが、自分の過去について考えてたら「結局人には向き不向きっていうものがあるから不向きなものはいっぱいあるけど、他人よりも向いていることで勝負したほうが人生終わったときにたぶん後悔しないのだろうな~」と考えるようになりました。

小学生のときに運動が大得意な父親に勧められたサッカーが大の苦手で「歯を食いしばれば上達するんだ」と言われ、信じるがままにやったけど結局上達せず、やる気も起きず中学に入ったら消去法で吹奏楽部に入ったところ「どうして諦めるんだ、お前には根性が足りない」と怒鳴りつけられ、「自分には努力する才能がないんだ」と考えた思い出があります。

結局サッカーを諦めて吹奏楽部に入ったことは無意味だったかというとそうでもなくて、そこからちょっと他人よりも楽器ができるという理由で高校のときに軽音部にはいり、そこで音について興味を抱くようになり、興味が筑波大に入ろうという気持ちになり、大学受験は向いてなかったけど、編入試験でたまたま運よく受かり、今の自分の研究テーマにつながったので無駄になったとは言えない気がします。

と本当に人生なにが起こるか分からないのであきらめたから人生終わりだとは決して思いません、ただ編入試験を通して後悔はしないように一生懸命取り組むのは重要なことだと思いました。

 

と久しぶりにブログを更新しました。書く内容は基本的にツイッターをみて思いつきで書きます。次は参考書のこと書こうかなぁ。

 

 

下宿vs自宅通学

こんばんは、研究がつかれたのでブログを書きたいと思います。

 

編入試験終わったし、住む場所も考えなくちゃな~という方もいらっしゃると思います。中でも

「大学まで遠いんだけど自宅から通えなくはない距離に実家があって一人暮らししようか非常に悩む。」

という人もいらっしゃるのではないでしょうか(僕も前の大学でそうなりましたが金銭的な面で断念しました。)

という訳で遠い場所に大学があるけど通えなくはない、という場合の下宿と自宅通学ではどっちがいいか今回は書きます。

 

結論から言うと金銭的な面でゆとりがあるなら下宿を勧めます。

以下それぞれの僕が思うメリットデメリットを書きます。

 

自宅通学

・メリット

身の回りのこと(食事、洗濯、掃除など)は親がやってくれる(ところもある)

定期券内にある駅は自由に乗り降りできる

家が広い

 

・デメリット

(都内に大学がある場合)朝、夜の通勤ラッシュに巻き込まれる(度胸がある方はyoutubeで通勤ラッシュとか検索してみてください・・・)

終電を気にしないといけない

通学に時間を取られる

 

 

下宿

・メリット

大学の近くに住めば通学に時間を取られない

終電を気にしなくてよい

 

・デメリット

お金がかかる

身の回りのことは全部自分がやらなければならない

一人暮らし用の物件は基本的に狭い

 

補足ですが都内の大学だと自宅通学の人が多いですし、終電はみんな気にすると思います。ただ家が遠いとその分終電の時刻が早くなるので気を付けてください。

と思いつく限り書いてみました。これとかどうですか、というのがあればぜひ言ってください。

 

~以下個人的な経験~

僕が自宅通学していた時は大学まで片道二時間かけて通ってましたが、乗り換え多いし、一限や夜遅くまで授業やサークルがあるときは通勤ラッシュに巻き込まれるので通学は憂鬱でした。

でも下宿を始めてから朝遅くに起きても大学に間に合うし、友達と夜遅くまで遊んでます。身の回りのことは自分でやらないといけなくなりましたがその大変さよりも楽しさのほうが上回っている状態です。

 

時間をとるか、金をとるか、どっちをとるという観点で考えるといいかもしれません。

続:編入した後

こんばんは、ブログ1年目は1月に1記事だったので2年目からは2記事に増やせるよう頑張ってみます。

 

今回は前回のこの記事

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

からの

 

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

の続きを書きます。この時期勉強をしようにも編入したらどうなるんだろう。と実感も湧かないと思うので編入生のリアル(?)を書きたいと思います。

我ながら移ってからは割と順調に進んでいます。

 

研究室のその後

話が少し前後しますが、研究室を移っているときに、移り先の教授との面談で音の研究をしたいけど、その一環で音を使った警告装置を作りたいんだという話をしたところ

 

「音に興味があるのならいい研究室を紹介してあげる!」

 

と言われ別の学類の教授を紹介していただきました。せっかく紹介していただいたのでまあ面談だけでもお願いするか~と思い、紹介された教授と面談することに。その教授を調べたらとても若い方で衝撃を受けました。

面談したらまさかの自分のやりたいことど真ん中で(音を使って世の中に貢献するという点で)びっくりしました。

でも専攻を変えると試験科目一気に増えるし大丈夫だろうかろ自分の中で悩みました。(現状のままなら面接+TOEIC、変えるならそれに加えて数学、学校の成績、面接が研究のプレゼンに変化)

結局自分の好きなことをやったほうがいいだろと思って、院は専攻を変えることにしました。

最初は大学院試験の科目が面接だけだからという理由で研究室を選んだのですがまさかこんなことになるとは・・・。

そこから院試まで数学の勉強もしつつ、プレゼンの練習も研究室の先輩、同期、移り先の研究室の方からアドバイスをいただけたりして本当お世話になりました。

数学の勉強もすでに編入試験で勉強したところ+α(微分方程式複素数など)だったので編入試験で勉強したことがとても役に立ちました。

 

結局院試は無事終わり、合格を頂きました。(院試5日前にライブを見たり、2日前にBBQしたり、試験当日面接官にギャグいうぐらい緊張していなかったけど受かった。)

という訳で来年からは音の研究を本格的にやっていきます。

 

今後の研究

とはいっても今いる研究室でも(認知科学的な観点の)音の研究をしていて、教授の協力もあって企業と共同研究してます。そろそろ実験も始まる予定です。

 

大学生活

サークルもちょくちょく活動しててこの間僕の一番好きなFear, and Loathing in Las Vegasというバンドのコピーをしました。メンバーにも恵まれて楽しかったです。

それとバイトが決まりました。つくばでバイト相当落ちていたのですがまさかの即日採用を頂きました・・・。研究室の雑務のバイトをしています。苦痛ではないのでしばらく続ける予定です。

 

今後の予定

まずは卒業研究を終わらせることが大事ですが、最近ドローンが欲しくなってしまいまして、お金を貯めてドローンを買って自転車漕いで飛ばしても大丈夫なところでのんびり空撮とかやってみたいなとか考えてます。

 

ざっとこんな感じです、どうして編入のアカウントずっと続けているんですかと聞かれたことがあるのですが、その時(これと言って続けることに特に理由はなかったのですが)「めぐりにめぐって自分にいいことが回ってくる気がするんだよねぇ」といったのですが最近それを実感します。そんなこと言ってますがこれから没落人生とか来そうで怖い。

ともあれ、まだめぐりにめぐって自分にいいことが来そうなので編入アカウントは学生の間は続ける予定です。なので質問などはいつでもしてください。

ではまた。

初めまして

ノリでブログを移行してしまいました。

Hatenaのほうが広告もそんなに出ないし見やすいかなって思ってこっちで書こうともいます。以前のブログで書いた記事もすべて移しているので安心してください。

 

まだ自己紹介の記事を書いてなかったなぁと思いまして、移行したついでに書こうと思います。

 

~自己紹介~

筑城(つゆき)と申します。(「つきしろ」って読まれるのでツイッターだとひらがな表記にしてます。)

2016年10月2日現在、筑波大学情報学群情報科学類4年生です。昨年、都内の私立大学から筑波大へ3年次編入し、来年大学院へ進学が決まっております。現在は音の研究をしています。

趣味はゲーム(eSports系)と自転車とオーディオ。

もともとツイッターで情報収集用にアカウントを作り、合格をいただいたのでもう用がないしアカウント削除しようかなと思っていたのですが、大学からの編入はとても情報が少なかったことに困っていたので、せっかくだし編入生を支援するアカウントにしちゃえ~と思ってツイッターを継続することにしました。

アカウントを長いことやっているとこういうことに編入生ってこういうことに悩むんだなぁということが分かってくる(気がする)ので、多い質問に対してはブログで記事を書き、Twitterとaskでは主に個別相談という形を取っています。そのブログがこれ。

 

という背景があり、基本的に僕のブログ、およびツイッターは「形はどうあれ編入を志している人の支援をする」がテーマです。

 

~ブログの内容について~

上に書いている通り、僕はただの大学生なので編入に詳しい専門家が書いているわけではなく、その辺にいる大学生が書いてるので「これは間違っている」と思うこともしばしばあると思います。あくまで「こういう意見もあるんだなぁ」ぐらいにとどめていただけると幸いです。

書くことは勉強法よりも「どうして編入を志すのか」とか「編入する前にこれはやっておけ」みたいな「考え方」について書くことが多いです。勉強法を書いているブログは結構多いのですが、「考え方」を書いているのは結構少なかったのでこっちも需要があるんじゃないかと思って書いてます。

 

以上です、以下ざっとしたリンク

 

よくある質問→

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

編入体験記→

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

参考書の情報が欲しい方→

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

反響があった記事→

rikei-hennnyu-1st.hatenablog.com

 

 

主にここにいます。質問、コメントはツイッターでいただいたほうが嬉しいです。→

twitter.com

 

匿名で質問したい方→

ask.fm

 

起業と編入の動機

こんにちは、院試が終わって暇な時間ができたので起業の本を読んでいます。

読んでいたら起業する前にいろいろすることあるなぁと考え始めたので起業はとりあえず保留します。

さて、起業の本を読んでいたら動機付けに関して驚いたことがあったので書きたいと思います。(僕は専門家でも何でもないので、こういう意見があるんだなぁぐらいに思ってください)

読んでいたのは小久保達さんという方が書いた「起業 成功を決める準備」という本です。

そこに書いてあったのが起業の動機は3つ区別するということが書かれてました。

その3つは「退職動機」「起業動機」「独立動機」です。

まず退職動機は「今いる会社を辞めたい」と思った動機

次に起業動機は「この事業を始めたい」と思った経緯や理由

最後に独立動機は「自分の力で稼げるようになりたい」という思いです。

ここで書かれていたのが

自分の退職動機と起業動機を混同している人が意外に多い

退職動機しか意識していない人は「・・・だから今の会社を辞める」ということができても、肝心の起業動機がないために、結局何も始めることができないのです。

ということだそうです。これをみて編入試験を受ける動機にも同じようなことがいえそうだなぁと思いました。

先ほどの動機を対応させると編入試験だとこんな感じでしょうか

退職動機=退学動機:今の大学を辞めたい

起業動機=編入動機:この大学に入りたい

独立動機=入学動機:この大学に入って学びたい

と言い換えられないでしょうか?

さらに

自分の退学動機と編入動機を混同している人が意外に多い

退学動機しか意識していない人は「・・・だから今の大学を辞める」ということができても、肝心の編入動機がないために、結局何も始めることができないのです。

とすればこのような考えの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?(かつての僕もそうだったので人のことは言えない・・・)

というわけで編入を考えている人はこの3つの動機を考えてみてはどうでしょうか?

考え方としてはとにかく紙に書き、分類分けをすることだそうです。そうすると自分が何をするべきなのか分かってくると思います。

無関係そうな編入と起業、意外なところで共通点がありました。

今回はここまでです、読み進めていると結構共通点が多いなぁということがあるということに気付いたのでこれからもう少しまとめてみようと思います。

受験に失敗した方へ

タイトル通りです、結果はともあれ受験お疲れ様でした。

 

受験って、合格がすべて!落ちた人はどうでもいい!みたいなところがあるので

 

どうしても落ちた人向けの話ってない気がします。

 

なので今日は落ちた人へのアドバイスというかメッセージを書こうと思います。

 

 

今何を考えていますか

 

落ちた、人生オワタ

 

この大学でまた二年過ごさなくてはならないのか

 

という感じでしょうか、僕も大学受験に失敗したとき同じことを考えてました。

 

でも受験って長い人生で考えたら一瞬の出来事、その一瞬で人生は左右されるものでしょうか、そうではないと思います。

 

結局、人生ってどこで区切るかによってよくも悪くもなります。

 

例えば

 

受験失敗しました。←ここで区切れば「失敗したんだ、可哀想に・・・」となりますが

そこから勉学に励んで、立派な成績を修めました。←ここで区切れば「受験の失敗をばねに頑張ったんだ!いい人生送っているじゃん!」

 

こんなかんじです。

 

過去の出来事って今の頑張りで良くも悪くもできるのではないでしょうか。

 

僕が言いたいのは、受験に失敗したから人生終わりではないってこと。

 

落ち込むのは落ち込むでよいと思います、でもいつまでも落ち込んでないで、今いるところで精いっぱい頑張れることを探してみませんか?

 

そして将来胸張って「受験失敗しました(笑)」といえる人になってください、応援してます。